たまたま見聞録
たまたまであう いきものたちの きろく




自転車で神奈川県の田舎道を走ることを楽しみとしている都市生活者がたまたま出会う自然の記録です。   記)武 田 一 則

目
見聞日記 天地無朋


多摩川の謎の草

ハムシ
去年までの見聞録


共生と進化
鳥の誕生
蛾と蝶
チョウの越冬
セミはなぜ鳴く
アリの誕生
変態の謎
虫が電灯に来るわけ
クロアナバチの無駄な穴掘り
卵子の記憶
ヘビとカエル
ツマグロヒョウモン
ハナグモの擬態
不安の誕生
ジョロウグモの巣のゴミ
画餅
悪とはなんであるか
ナスカの地上絵
ファーブルの夜盗蛾
アレチウリ
エクセルでモンシロチョウ


30km/h巡航
夜昼峠サイクリング
高野地サイクリング
古谷(こや)
古藪サイクリング1
古藪サイクリング2
古藪サイクリング3
半原越(はんばらごえ)
金山サイクリング
佐田岬サイクリング
鞍掛山一周サイクリング


アクアリウムの記録


2016年の見聞録
2015年の見聞録
2014年の見聞録
2013年の見聞録
2012年の見聞録
2011年の見聞録
2010年の見聞録
2009年の見聞録
2008年の見聞録
2007年の見聞録
2006年の見聞録
2005年の見聞録
2004年の見聞録
2003年の見聞録
2002年の見聞録
2001年の見聞録
2000年の見聞録
1999年の見聞録
1998年の見聞録

アカトンボ
2017年の天地無朋
2016年の天地無朋
2015年の天地無朋
2014年の天地無朋
2013年の天地無朋
2012年の天地無朋
2011年の天地無朋
2010年の天地無朋
2009年の天地無朋
2008年の天地無朋
2007年の天地無朋
2006年の天地無朋
2005年の天地無朋
2004年の天地無朋
2003年の天地無朋
2002年の天地無朋

最近の見聞録
空白 空白

 2 ジョロウグモが2頭残っていた(境川)
 4 湧水ではオオカワヂシャが見つからない(境川)
 5 沈水ギシギシが見つかった(落合川)
 6 沈水オオカワヂシャを再発見(境川)
   オオカワヂシャが咲いている(境川)
 7 スイレン鉢が結氷
14 ヌマガエルが道路でひからびていた(境川)
   上和田中前のオオカワヂシャは健在(境川)
17 キジバトがででっぽうと鳴く
21 オオカワヂシャは順調に生育を続けている(境川)
25 近所のしだれ梅が咲く
28 湧水近くに多数の芽生えがある(境川)
30 モンキチョウ?が飛ぶ(荻野川)
   ケセランパサランが転がっていた(半原越)
空白
空白 空白

 5 オオカワヂシャの新たな生育地を見つけた(境川)
10 積雪
11 岸辺のオオカワヂシャが大きく育つ(境川)
17 春一番
18 ハコベが堰堤で育っている(荻野川)
   ハコベが咲いている
   タネツケバナが咲いている
19 湧水の新芽がぐんぐん伸びている(境川)
20 春二番
25 ミミズが轢かれていた(半原越)
26 スミレが咲いていた
   ヒバリがさえずる(境川)
空白
空白 空白

 4 キチョウ(モンキチョウ)が飛ぶ(荻野川)
 5 ヒヨドリが群れてブロッコリーをつついていた(境川)
   モンシロチョウが活動している(境川)
   モンキチョウが飛ぶ(境川)
   一番成長の良かったオオカワヂシャが消失(境川・上和田中前)
   名称不明の草が水中で育っている(境川・上和田中前)
   ギシギシが水中で芽吹いた(境川・上和田中前)
   早春のオオカワヂシャ
   ウグイスがさえずる(境川)
   アマガエルが鳴く(境川)
 8 スイレン鉢が結氷
11 ベニシジミがいた(相模川)
   ハルジオンが近所の道ばたで咲いていた
12 新道大橋下のオオカワヂシャが一気に芽吹いてきた(境川)
18 ヒメオドリコソウが咲いている
   キュウリグサが咲いている
   ムラサキケマンが咲いている
   テングチョウが多い(半原越)
   タチツボスミレが咲いている(半原越)
   フサザクラが咲いている(半原越)
   キイチゴが咲いている(半原越)
   ハンノキが咲いている(半原越)
   キブシが咲いている(半原越)
   カラスノエンドウが近所の道ばたで咲いている
   ナガミヒナゲシが近所の道ばたで咲いている
20 ルリタテハを見る(半原越)
25 鶴見川のオオカワヂシャを見てきた(鶴見川)
   ミズハコベっぽい水草があった(鶴見川)
   イネ科っぽい水草があった(鶴見川)
空白
空白 空白

 2 ツバメが飛ぶ(境川)
   イワツバメが飛ぶ(境川)
 7 クサイチゴが満開だ(渋谷)
 8 アマガエルを聞く(境川)
 9 ジューンベリーが咲く
   クロナガアリが巣外で活動していた
   クサイチゴが咲いていた
   ナシアシブトハバチが道路でつぶされている(境川)
   ナズナ畑ができている(境川)
15 ツクシがすっかり胞子を飛ばし終えていた(清川村)
   ミヤマセセリを2、3見る(半原越)
   コツボゴケ?がきれいだ(半原越)
   テンナンショウが咲いている(半原越)
   名前のわからない花が水場で咲いている(半原越)
   道路にヤマカガシが出てきた(半原越)
   白花のカラスノエンドウが今年も咲いた
   ヘビイチゴが咲いている
   ヤエムグラが咲いた
   キュウリグサが咲いている
16 名称不明のクモがモッコウバラに巣をかけた
   招かれざるテンナンショウが咲いている
   モッコウバラが咲いている
   ノゲシが咲いた
   キスイモドキがクサイチゴにいた
   タチイヌノフグリが咲いている
   ハルジオンが咲いている(境川)
   アゲハを見る(境川)
   ホオズキカメムシがいた(境川)
   オオカワヂシャが咲いている(境川)
20 チャイロコガネが近所の道路に転がっていた
22 門柱のカタバミはなぜかしわくちゃ
   クロアゲハを見る(境川)
   クビキリギスを聞く(境川)
   シュレーゲルアオガエルを聞く(小野路)
   ツマキチョウを見る(鶴見川)
23 しわくちゃカタバミは新種の籠抜けか?
   ミゾソバが芽吹いてくる(境川)
   トカゲがつぶれて死んでいた(境川)
   名のわからぬ青白い花が満開だ(境川)
   ツマグロヒョウモン♂を見る(境川)
26 白い蛾が近所の街灯下にいた。
28 アオスジアゲハを見る
29 オニタビラコが咲いた。
   茶色いイモムシがカラスノエンドウにいた。
   ハルジオンが咲いた。
   6枚花弁のクサイチゴが見つかる。
   ツマグロオオヨコバイの活動盛ん。
   カラスアゲハが道路にいた(清川村)
   ウスバシロチョウを見る(清川村)
   カジカガエルを聞く(清川村)
   センダイムシクイを聞く(半原越)
   ヤブサメを聞く(半原越)
   アオオサムシが道路で瀕死(半原越)
   薄紫の花が目立つ(半原越)
   オトシブミが落ちている(半原越)
30 晩春のみのり
空白
空白 空白

 1 しわくちゃ葉のカタバミが咲いた
   キンラン?が咲いていた(渋谷代々木公園)
 3 アヤモクメキリガが道路でつぶれていた(境川)
   毛虫が道路を歩く(境川)
 6 ヒメウラナミジャノメが道ばたの草むらに多い(荻野川)
   カタバミの花弁が6裂しているのがあった(清川村)
   ヤツボシツツハムシがいた(清川村)
   マミジロハエトリがいた(清川村)
   ヒメギス?幼虫がいた(清川村)
   ウスバシロチョウが飛び回っていた(半原越)
   ツボスミレが多数咲いている(半原越)
   アオダイショウを見る(半原越)
 7 コアオハナムグリがハルジオンにいた(境川)
   クスダマツメクサが咲いていた(境川)
 8 オオヒラタシデムシが空き缶にたかっていた(代々木公園)
13 ドクダミのつぼみがふくらむ
   ユキノシタが咲いている
   クサイチゴがみのる
14 キバラルリクビボソハムシがいた
   ヘビイチゴがみのっている
   シマサシガメがクサイチゴにいる
   モンキアゲハを見る(境川)
   メジロ?の巣が道路を転がっていた(境川)
   ノバラが花盛り(境川)
   エノキハトガリタマフシがいっぱいあった(境川)
   クサフジが花盛り(境川)
   クビキリギスがいた(境川)
   クサギカメムシがクサフジにいた(境川)
   触角の長いハチがヒルザキツキミソウに入っていた(境川)
   アカボシゴマダラが道路に転がっていた(境川)
   大きなアオダイショウが道ばたにいた(境川)
   ドクダミが咲いていた(境川)
   アヤモクメキリガの幼虫が道路を横切る(境川)
   オオヨシキリを聞く(境川)
15 大きめのガガンボがいた
17 ギンメッキゴミグモがいた
18 ムラサキカタバミがやっと咲きはじめた
19 ムラサキカタバミ開花
   ムシヒキアブがショウジョウバエを捕まえている
21 ハルゼミを聞く(榛名山)
   アサギマダラを見る(榛名山)
23 ドクダミが咲いている
   オオホシカメムシがいた(代々木公園)
24 もやもやの藻が田んぼ水槽をびっしり
   クビキリギスが近所の植え込みで鳴いている
27 環水平アークが出る
   バラハタマフシが14日に花盛りだったノバラにできている
   キアシドクガ♂が多数ミズキの周辺を飛び交っていた
   アカスジキンカメムシがミズキの葉にいた
28 ヒメギス♀幼虫が道路にとび出る(境川)
   キリギリス類の幼虫が道路でつぶれていた(境川)
   甲虫類が道路でつぶれていた(境川)
   アマガエルが予備の苗にいた(境川)
   ヒヨドリがジューンベリーを食う
空白