たまたま見聞録
たまたまであう いきものたちの きろく
2018年11月の見聞録
18 クダマキモドキがシロダモの葉にいた(境川)
   ジョロウグモがハチを捕まえていた(境川)
   アカタテハが道路でつぶれていた(境川)
   ニホンミツバチがビワの花を訪れる(境川)
   ウメが咲いている(境川)
   ヒガンバナが咲いている(境川)
   しろばんばが飛ぶ
17 オオカマキリが道路を歩いている(境川)
   オンブバッタの幼虫が道路にいた(境川)
   褐色型のオンブバッタが道路にいた(境川)
   コカマキリが道路にいた(境川)
   トノサマバッタが道路にいた(境川)
   花桃が咲いていた(境川)
15 マンリョウの実が色づきはじめる
11 オオカワヂシャが水中で芽吹いている(境川遊水地)
10 アカマンマの毛虫が花をかじっている
   ぼろぼろのカマキリが道路を歩く
   がぽつぽつ咲いていた
 7 クロナガアリがチヂミザサを運んでくる
 3 ヒトリガっぽい毛虫が玄関のアカマンマについていた
2018年10月の見聞録
28 アメリカセンダングサの種がみのっている(境川)
   ジョウビタキ♂を見る(境川)
21 ツツジが咲いていた(境川)
   キタテハがアメリカセンダングサに来ていた(境川)
20 ウスバキトンボが群れていた(金目川河口)
   センチコガネが道路に転がっていた(半原越)
   クロナガアリがササガヤを運ぶ
16 早朝、エナガの混群が来た
13 コクワガタが道路でつぶれている(境川)
   コカマキリが道路に出ている(境川)
   エンマコオロギが道路に出てくる(境川)
 8 クロナガアリがセイバンモロコシを運ぶ
 7 ゴールがクヌギにできていた
   糸巣を作る幼虫がクヌギにいた
2018年9月の見聞録
24 ジョロウグモ♀にオスがついた。行方不明の夫婦とは無関係のオス
   ノコギリクワガタ?♀が道路を歩く(境川)※2頭目撃
   ヒダリマキマイマイが道路を這う(境川)
   セスジスズメの幼虫が目立つ(境川)
   ウラナミシジミが数頭かたまっていた(境川)
   ママコノシリヌグイが咲いている(境川)
   大きなオニグモが巣にいた(境川)※2頭目撃
28 ジョロウグモ♂も行方不明になっていた
24 マテバシイが豊作だ(境川)
   カマキリがいた
   ジョロウグモ♂の脚が欠けている。メスは行方不明
23 交尾しているトノサマバッタが路上に多い(境川)
22 ウラギンシジミの秋型を見る(相模川)
   カンタンを聞く(半原越)
17 アカマンマが咲く
   ナガコガネグモの卵嚢が多い(境川)
   キタテハがいた(境川)
   アレチウリが花盛り(境川)
   マテバシイを拾う(境川)
16 白花のヒガンバナがあった(境川のセブン裏)
   ツマグロヒョウモンがヤブガラシに来た
13 クロナガアリが地上活動をはじめている
12 ジョロウグモがツマグロオオヨコバイを捕まえていた
 8 降水雲が青空にあった(境川)
 6 タマムシが道路でつぶれていた(境川)
   ヤナギタデ?が咲いている(境川・湧水)
   成虫のカマキリがいた(境川)
 5 キレンゲショウマに蜂が来ていた(石鎚山土小屋)
   リンドウが咲いていた(石鎚山土小屋)
 2 ツチガエルがいた(大洲市平野)
   クツワムシがいた(夜昼峠)
   モクズガニを食べる(八幡浜)
2018年8月の見聞録
26 ヒガンバナが咲いている(荻野川)
   アカソ?も謎の草(荻野川)
   カラスアゲハが道路で吸水している(半原越)
   ショウリョウバッタモドキがいた(荻野川)
25 ヤブガラシの花にアリがいっぱいたかっていた(境川)
19 オニヤンマが虫を捕まえていた(荻野川)
   ミヤマアカネをプロキャプチャーモードで撮ろうとして失敗(清川村)
   とげとげのイモムシがミゾソバの葉の上にいた(半原越)
   ナナフシが道路で死んでいた(半原越)
   コナラのドングリが路上に多数(半原越)
   ウグイが水路で群れていた(小鮎川)
   カマキリの幼虫がミントに居着いている
18 直翅類の小さい幼虫が多い(境川)
   ナガコガネグモがバッタを捕まえていた(境川)
   タンジェントアークがうっすらと出た
   ドバトがエノキの実をついばんでいた(境川)
16 エンマコオロギが鳴く
12 ハリカメムシがいた(境川)
   イチモンジセセリが多い(境川)
11 ナガコガネグモがいる(境川)
10 コナギ?に水上葉が伸びてきた
 9 モンクロシャチホコの成虫を見る(中央林間)
 5 オオカワヂシャが開花している(境川遊水地)
   チョウトンボがいた(境川遊水地)
 4 ナナホシテントウが野生化したミントで活動していた(境川)
   ショウリョウバッタ♂がいた(境川)
   セイバンモロコシが咲いている(境川)
   ナマズのカップル?がいた(境川遊水地)
   ツクツクボウシを聞く(境川)
 1 アオマツムシを聞く(中央林間)
2018年7月の見聞録
31 エンマコオロギを聞く(渋谷)
   カネタタキを聞く(渋谷)
29 コガネムシの幼虫が道路に出歩く(境川)
28 ショウリョウバッタの死体が多い(境川)
   コシアキトンボがつぶれて死んでいた(境川)
   よくわからない虫が道路を出歩く(境川)
22 ジュズダマの実ができ始めている(境川)
   モンシロチョウがアレチハナガサに来ていた(境川)
   緑のクモがいた(境川)
   黄色いクモがいた(境川)
   ムラサキシジミがいた(境川)
   ベッコウハゴロモとアオバハゴロモがいっしょにいた(境川)
   マメコガネがカラスウリのつぼみにいた(境川)
   キマダラカメムシ幼虫がいた(境川)
21 積乱雲が出た(境川)
   ツクツクボウシ?を聞く
   ゴマダラカミキリが道路を歩く(尾根緑道)
   アオオサムシがミミズをくわえて道路を疾走(尾根緑道)
17 大きめのカマキリ幼虫がいた
   ルリシジミの幼虫がホトトギスにいた
   クマゼミを聞く
13 オンブバッタの幼虫がたくさんいる
   センリョウが咲いている
   ヘクソカズラが咲いている(庭では初記録)
   ミズヒキが咲いてアリを集めている
   ノコギリクワガタが近所の道路で虫の息
11 早朝にヒグラシを聞く
 9 アブラゼミを聞く(渋谷)
 7 アブラゼミ?を聞く(境川)
   セスジスズメの幼虫が道路を歩く(境川)
   クズが咲いている(境川)
   オニユリが咲いている(境川)
   ベニシジミがヒルガオに止まった(境川)
   ツチイナゴが道路でつぶれている(境川)
   トノサマバッタをかろうじて撮った(境川)
 1 ナマズが泳いでいた(境川遊水地)
   トノサマバッタが道路にいた(境川)
   ウスバキトンボが群れていた(境川)
2018年6月の見聞録
30 日暈の虹がはっきり出た(境川)
   環水平アークがかろうじて見えた(境川)
   ウスバキトンボを見る(境川)
27 乳房雲ができていた
26 テンナンショウがみのってきている
   コシロカネグモが巣を張っている(初記録)
25 ジョロウグモの幼虫がジョロウグモらしくなっている
24 ミゾソバが繁茂してきた(境川遊水地)
   小型のクモが卵嚢を守っていた(境川)
   アオバハゴロモの幼虫がナンテンにたかっている(境川)
   ツマグロヒョウモン♀を見る(境川)
   アオスジアゲハを見る(境川)
23 メンガタスズメが道路を歩く(境川)
   宮久保橋堰堤のオオカワヂシャが復活していた(境川)
   ニイニイゼミを聞く(境川)
21 クサカゲロウが灯火に多数飛来(約20)
17 隠れ帯があるようなクモの巣があった(境川)
   シマヘビがいた(境川)
16 ヒメエグリバの幼虫が道路を横切る(境川)
   ゴマダラカミキリが道路にいた(境川)
10 アカミミガメが道路に出て来た(境川)
   クビキリギス(産卵後♀)が道路でつぶれていた(境川)
   ヒトリガ幼虫が道路でつぶれていた(境川)
   キリギリスを聞く(境川)
 9 ギシギシ(スイバ)が謎の草になっていた(荻野川)
 7 アオバハゴロモの幼虫が多い
 5 ジョロウグモ?が巣をはっている
 3 ヒメゲンゴロウ?がいた(厚木)
   ミノムシが道路に落ちていた(半原越)
   ハンミョウを見る(半原越)
 2 ムラサキカタバミが咲いている(境川)
   コクワガタ♀が道路に出ていた(境川)
2018年5月の見聞録
30 ツユクサが咲く
   ザクロが咲いている
   シャクガがいついている
29 ナツツバキが咲いた
27 ホトトギスを聞く(ヤビツ峠)
   ヤブサメを聞く(ヤビツ峠)
26 湧水のクレソンとオオカワヂシャの花が交代していた(境川)
   アカミミガメが道路を横切る(境川)
23 クサギカメムシがいた
22 7枚花弁のドクダミがあった
21 ジューンベリーが食べ頃
   ダイミョウセセリがラベンダー来た
20 ウスバシロチョウが多い(榛名山)
   アサギマダラを見る(榛名山)
   シュレーゲルアオガエルを聞く(榛名山)
17 シマサシガメ成虫がドクダミの葉にいた
   コナギが水上葉を伸ばした
16 ハラビロカマキリ幼虫がドクダミの葉にいた
15 ホソヘリカメムシがいた
14 ハラビロカマキリ幼虫はアジサイに3頭を確認
13 ハラビロカマキリ幼虫が現れた。
12 ギシギシハムシがいた(境川)
   トキワツユクサが咲いている(境川)
   キアシドクガが乱舞する(境川)
 6 バッタの幼虫が壁を登る
   赤いダニがコンクリ壁面に無数にいる(境川)
   マイマイガ?が道路を横切る(境川)
 5 クスダマツメクサが咲いている(境川)
   クサフジが咲いている(境川)
   クサカゲロウがいた
   アオカメムシがいた
   アカボシゴマダラが飛び交う(境川)
 3 ユキノシタが咲く
   ドクダミが咲く
   ノバラが花盛り(境川)
 2 クサイチゴがみのっている
   ドクダミのつぼみがふくれる
   カラスノエンドウの種がまかれている
   シャジクモの生殖器が発達する
2018年4月の見聞録
30 環水平アークが出る
29 ハエトリグモがミジンコを狙う
28 アヤモクメキリガが道路を横切る(境川)
   茶色いイモムシが道路を横切る(境川)
   モンキアゲハが飛ぶ(境川)
25 蛾(蝶?)が夜の玄関にとまっていた
22 背の高いカタバミが花盛り(境川)
21 湧水のオオカワヂシャが開花していた(境川)
   イモムシが道路を横切る(境川)
   大きなアオダイショウ(1m超)が道路に出てくる(境川)
   アオスジアゲハが多い(境川)
15 ハナムグリっぽい虫がミズキの花に来ている(境川)
   カタツムリが道路を歩く(境川)
   アカミミガメが道路でつぶれている(境川)
   コシロカネグモ?の幼体がセブンイレブン水路で巣を張っている(境川)
   マルカメムシがクズにたかっている(境川)
   田んぼ水槽にミジンコが発生
14 赤いツツジが咲いた
   ハルジオンが咲きはじめる
   キュウリグサが咲いている
   ハハコグサが咲いている
   オドリコソウが咲いている(鳶尾山)
   チゴユリのつぼみがふくらむ(鳶尾山)
   イチリンソウが咲いている(鳶尾山)
   ギンリョウソウが咲いている(鳶尾山)
12 タンポポが咲いている
   オニタビラコが咲いている
   ササグモがヘビイチゴの花にいた
   ヘビイチゴが咲いている
   白いツツジが咲いている
   ヤエムグラが咲いている
   タチイヌノフグリが咲いている
   カラスノエンドウは花盛り
 7 クレソンが咲いている(境川)
   オオカワヂシャが咲いている(境川)
   ハサミムシが道路で死んでいた(境川)
   クロアゲハ?を見る(境川)
   ハルジオンが咲いている(境川)
   カラスノエンドウが咲いている
 4 クジャクチョウを見る(渋谷)
 3 モッコウバラが咲く
 2 シジュウカラが巣材を運んでいる
 1 クサイチゴが咲いている(渋谷神宮橋)
   ツマキチョウを見る(多摩川)
   アゲハが桜で吸蜜していた(多摩川)
   クビキリギスがしきりに鳴いている(境川)
2018年3月の見聞録
31 ジューンベリーが咲いている
   スミレが咲いている
   クサイチゴが咲いている
   テンナンショウが咲いている
25 レンゲが咲いている(相模川)
   タチツボスミレが咲いている(半原越)
   テングチョウが多い(半原越)
   シルビアシジミが道路に転がっていた(半原越)
24 アマガエルを聞く(境川)
18 ドクダミの新葉が開いてくる
17 キブシが咲いている(境川)
   鷺舞橋下のオオカワヂシャが水上に伸びてきた(境川)
   モンシロチョウが多数飛ぶ(引地川・金目川・境川)
   ツバメを見る(境川)
14 ウグイスを聞く
11 アカミミガメが日なたぼっこ(境川)
   湧水のオオカワヂシャは生き残っていた(境川)
   毛虫がセブンイレブンの壁を歩く(境川)
10 アシナガグモの幼生?が巣を張っていた(境川)
   遊水地に水が入る
   ムラサキケマン、ヒメオドリコソウ、タネツケバナが咲きはじめる
 4 ホトケノザが花盛り(境川)
   ヒバリがさかんにさえずる(境川)
 3 小さいハエトリグモが室内の壁にいた
 2 近所のしだれ梅が満開になった
2018年2月の見聞録
24 モンキチョウが飛ぶ(境川)
18 タネツケバナが葉を広げている
17 ヤマガラが来た
15 近所のしだれ梅が咲いた
11 アオジが来た
   キタテハが飛ぶ(境川)
   モンキチョウが飛ぶ(境川)
   ナナホシテントウが道路を歩く(境川)
   カナヘビが庭に出てきた
   クロナガアリがチヂミザサを運ぶ
   クロナガアリがミズヒキを運ぶ
   クロナガアリがアカマンマを運ぶ
10 オオミノガを見つける(境川)
 5 早朝、キジバトがデデッポーと鳴く
2018年1月の見聞録
31 皆既月食を撮ってみる
27 ダイサギとカワセミのツーショット(境川)
26 給湯器が凍結
22 積雪
21 アカミミガメがひなたぼっこ(境川)
   スズメが集まる木その2(境川)
   マガモのカップルがいた(境川)
20 野鳥が寄り合う梅の木がある(境川)
   上和田中学前のオオカワヂシャの大半が消失(境川)
14 富士山がきれいだ(藤沢)
12 ジョロウグモがいなくなった
10 シジュウカラがツピーツピーとさえずる
 6 私のジョロウグモは最後の1匹に
   オオバンがしきりに潜水していた(境川遊水地公園)
 2 遊水地の湧水にオオカワヂシャが芽生えていた
カタバミ  テトラ  ナゾノクサ
たまたま見聞録 →
カタバミ

目
見聞日記 天地無朋


多摩川の謎の草

ハムシ
去年までの見聞録


コウモリの誕生
カッコウの誕生
共生と進化
鳥の誕生
蛾と蝶
チョウの越冬
セミはなぜ鳴く
アリの誕生
変態の謎
虫が電灯に来るわけ
クロアナバチの無駄な穴掘り
卵子の記憶
ヘビとカエル
ツマグロヒョウモン
ハナグモの擬態
不安の誕生
ジョロウグモの巣のゴミ
画餅
悪とはなんであるか
ナスカの地上絵
ファーブルの夜盗蛾
アレチウリ
エクセルでモンシロチョウ


壺神山 IoT ride
30km/h巡航
夜昼峠サイクリング
高野地サイクリング
古谷(こや)
古藪サイクリング1
古藪サイクリング2
古藪サイクリング3
半原越(はんばらごえ)
金山サイクリング
佐田岬サイクリング
鞍掛山一周サイクリング



アクアリウムの記録


アカトンボ
2017年の天地無朋
2016年の天地無朋
2015年の天地無朋
2014年の天地無朋
2013年の天地無朋
2012年の天地無朋
2011年の天地無朋
2010年の天地無朋
2009年の天地無朋
2008年の天地無朋
2007年の天地無朋
2006年の天地無朋
2005年の天地無朋
2004年の天地無朋
2003年の天地無朋
2002年の天地無朋



2017年の見聞録
2016年の見聞録
2015年の見聞録
2014年の見聞録
2013年の見聞録
2012年の見聞録
2011年の見聞録
2010年の見聞録
2009年の見聞録
2008年の見聞録
2007年の見聞録
2006年の見聞録
2005年の見聞録
2004年の見聞録
2003年の見聞録
2002年の見聞録
2001年の見聞録
2000年の見聞録
1999年の見聞録
1998年の見聞録