たまたま見聞録
たまたまであう いきものたちの きろく
自転車で神奈川県の田舎道を走ることを楽しみとしている都市生活者がたまたま出会う自然の記録です。   記)武 田 一 則


2016年の見聞録
空白 空白

 2 クロナガアリが巣外を歩いていた
   カタバミが芽吹く
 3 イモムシが道路を歩いてつぶされた(境川)
   ジョロウグモがいた(境川)
   クロナガアリがかなり巣外に出てくる
 6 電線にツグミが止まっていた(中央林間)
 9 トノサマバッタ?がつぶれていた(境川)
10 ジョロウグモの巣に小型のクモが多数同居している(境川)
11 ジョロウグモの巣に同居している小型のクモ(境川)
13 初氷を確認
18 初雪。降雪10cm以上
19 最後の一葉が落ちていた
27 飛行機雲が巻雲におもしろい模様を作る(新木場)
28 ウラギンシジミが近所のダイダイに止まっていた
30 近所のしだれ梅が咲いた
31 ルリビタキ♀がしだれ梅の近くにいた
   クロナガアリがツマグロオオヨコバイを運ぼうとしていた
空白
空白 空白

 1 シジュウカラがさえずる
 6 クロナガアリが巣外でじっとしていた
 7 コサギを撮った(境川)
13 ナナホシテントウが元気に歩く(七沢川)
   ハンノキ?の果穂が緑だった(半原越)
14 クロナガアリの巣外活動盛ん
16 近所のしだれ梅が満開
17 センリョウの実が全部落ちていた
20 アミメクサカゲロウが玄関にいた
21 ムラサキケマンの朝露がいい感じ
   ヒメオドリコソウが咲いた
   タネツケバナが咲きはじめていた
26 ハコベが咲いた
27 昨日のハコベの花が満開
   カモがオオカワヂシャの茂みで何かをあさっていた
28 3日目のハコベ
   ウグイスがさえずる(境川)
   モンシロチョウが飛ぶ(境川)
   ナマズが4匹本流の岸に出ていた(境川)
   コジュケイが群れて餌をあさっていた(境川)
   クロナガアリが巣外に出ていた
29 ツグミが来た
空白
空白 空白

 5 カラスノエンドウが咲いていた(境川)
   モンキチョウが飛ぶ(境川)
   ヒバリがさえずる(境川)
 8 スミレが咲いた
13 ツクシが出ている(境川)
   クロナガアリが地上に出ていた
   ムラサキケマンが咲いた
   おびただしい数のカイガラムシがヒサカキについている
15 ムラサキケマンの葉は抜群に朝露のつきがいい
18 ドクダミの葉が開きはじめている
20 ツマグロオオヨコバイが動き始めた
   ヒサカキが咲いている
   クモヘリカメムシ?がいた
   ノゲシが咲いている(境川)
21 ツバメを見る(境川)
   キイチゴが満開(境川)
   メダカが泳ぎはじめる
   タチイヌノフグリが咲きはじめる
   クサイチゴが咲きはじめる
   トキワハゼが咲く
   キュウリグサが咲きはじめる
23 ワカバグモがいた
24 ソメイヨシノが咲いた
26 ナガミヒナゲシが咲く(境川)
   タチツボスミレが咲く(境川)
   ミヤマカタバミが咲く(境川)
27 オオカワヂシャ?が境川本流に生えている(境川)
   アマガエルが鳴く(境川)
   ツマキチョウ♀を見る(境川)
29 ツマグロオオヨコバイを撮った
31 ムクゲの芽が開きはじめる
空白
空白 空白

 1 ナツツバキの芽が開きはじめる
 2 ジューンベリーが咲く
   オオカワヂシャが境川本流に根付いている
   モッコウバラが咲く
 9 シュレーゲルアオガエルを聞く(荻野川)
   カジカガエルを聞く(清川村)
   ジムグリがひかれていた(清川村)
   ヒキガエルの卵があった(半原越)
   マムシグサが咲いていた(半原越)
   頂上のサクラが満開だった(半原越)
   アケビが咲いていた(清川村)
   レンゲが咲いていた(相模川)
   花盛りになった庭
10 ベニバナツメクサが咲いていた(境川)
   オオカワヂシャが花盛り(境川)
14 クビキリギスを聞く
16 スイバが咲いている(清川村)
   ヒキガエルのオタマジャクシが生まれていた(半原越)
   スズバチの巣?が神社のイチョウの枝にあった(荻野新宿)
   キュウリグサが咲いている
   ハルジオンが咲きはじめる
   白いツツジが咲く
   ヤエムグラが咲く
19 ギンメッキゴミグモが現れる
21 アゲハを見る
   アオスジアゲハを見る(渋谷)
23 キアゲハを見る(境川)
   シロバナのカラスノエンドウが咲いた
   シマサシガメ幼虫が現れた
   大きなナマズが浅瀬にいた(境川)
24 キジの夫婦を撮ってみた(境川)
   ヒトリガ?の毛虫が道路を歩く(境川)
   オオカワヂシャは花盛り(境川)
   ナズナは枯れた(境川支流)
   ヒメツルソバの群落があった(境川支流)
25 ピンクのツツジが咲いた
30 カメムシの卵?がびっしり産み付けられている
   ウスバシロチョウを見る(清川村)
   ジョウカイボンがいた(清川村)
   コアオハナムグリがハルジオンにいた(清川村)
   スジコガネが菜の花にいた(清川村)
   オトシブミが道路に落ちている(半原越)
   センチコガネが道路を歩く(半原越)
   オオルリがさえずる(半原越)
空白
空白 空白

 1 チャバネアオカメムシがクサイチゴで交尾していた
 3 シマサシガメがハバチ幼虫を補食
   ユキノシタが咲きはじめる
   ハグロハバチがいた
   クサイチゴがみのりはじめる
   ミシシッピーアカミミガメが道路に出ていた(境川)
   ハグロトンボがいた(境川)
 4 ギンメッキゴミグモがすばやく巣を修復していた。
   カナヘビが見つかる。
   ウスバキトンボを見る(境川)
   ヒメウラナミジャノメがいた(境川)
 5 オニタビラコが咲いていた。
   シマサシガメ成虫が現れる
   ヒメマルカツオブシムシがハルジオンにいた。
   ツマグロヒョウモンを見る(境川)
 7 カラスノエンドウが熟していた(境川)
 8 ヘビイチゴが熟していた
   ハハコグサが咲く
   ルリマルノミハムシ?がハルジオンにいた
   アカボシゴマダラがいた(境川)
10 ハサミムシがいた
   背の赤いハバチ?がいた
   ウンカがいた
14 オオイトトンボ?が産卵体勢(清川村)
   サンコウチョウ?を聞く(半原越)
   タニウツギが咲く(半原越)
   カワトンボ♂が多い(半原越)
   水面すれすれに巣を張るクモがいた(半原越)
   フタリシズカが咲く(半原越)
15 ツチイナゴが死んでいた(境川)
   ヤナギタデ?生えていた(境川)
   環水平アークを見る(境川)
   モンキアゲハを見る(境川)
   ムシヒキアブが小さなハエを捕まえていた
   正体不明の花が咲いている
   ドクダミが咲きはじめる
16 ドクダミが一斉に咲きはじめる
21 ホリカワクシヒゲガガンボがいた
   ザクロが咲いた
   ムクドリがジューンベリーを食べる
   シジュウカラ親子が来る
22 アサギマダラを見る(榛名山)
   エゾハルゼミを見る(榛名山)
   コクワガタ♂が灯火に来ていた(高崎市)
24 メジロがジューンベリーをつついていた
25 コモチマンネングサが咲く
   ブルーサルビアが咲く
   アサザが咲く
   ムラサキカタバミが咲く
   センリョウの葉が落ちている
27 カマキリ幼虫がいた
28 エナガが来た
   オタマジャクシがたくさんいる(清川村)
   卵を持ったカイエビが田んぼを泳いでいた(清川村)
   サンコウチョウが鳴く(半原越)
   ホトトギスが鳴く(半原越)
   モンキアゲハを見る(半原越)
   アオゲラを見る(半原越)
   カワゲラが道路にいた(半原越)
   アオダイショウが道路で死んでいた(半原越)
   ウツギが満開(半原越)
   水面に巣を張るクモ
29 クビキリギス?♀が死んでいた(境川)
   境川のカエル飼養所のアオコが広がる(境川)
30 ツユクサが咲く
空白
空白 空白

 4 ナツツバキが咲く
   ジョロウグモの幼虫を確認
   環水平アークがでる
   トノサマバッタ成虫がいた(荻野川)
   ダビドサナエ?が道路で死んでいた(半原越)
   ヒメヤママユの幼虫が茂みから落ちてきた(半原越)
   ジャコウアゲハが道路で死んでいた(半原越)
 6 ウンモンスズメがアスファルト上にいた(境川)
   アルビノのオタマジャクシが田にいた(境川)
 9 ハリカメムシがいた
11 ハラビロカマキリの幼虫がいた
   環水平アークがでた
   リンゴケンモンが道路を歩く(半原越)
   キマワリが道路を歩く(半原越)
12 キリギリスを聞く(境川)
13 ムクゲが咲いた
15 オオアレチノギクがぐんぐん伸びてきた
18 環水平アークがでた(境川)
   コオイムシがいた(東名高速の田んぼ)
   ニイニイゼミが鳴いていた(境川)
25 ホトトギスを聞く
26 環水平アークがでた(境川)
   セスジスズメの幼虫が道路で死んでた(境川)
27 トホシオサゾウムシがいた
   カマキリ幼虫がアサザの花にいた
   ミズヒキが咲いて いた
   ヒメジョオンが咲きはじめる
28 ヒメジョオンが咲いた
30 ジョロウグモは多い
   クサカゲロウが灯火に多数飛来
空白
空白 空白

 2 アマガエルが上陸していた(清川村)
   キツリフネが咲く(半原越)
   シロツバメエダシャクが道路にいた(半原越)
   ジャコウアゲハの幼虫が道路を渡っていた(半原越)
 6 ツマキヘリカメムシ?がギボウシにたかっている
   コムラサキが咲いた
   スズメガの幼虫が樹ジューンベリーにいた
 7 ツマグロヒョウモン♀が来た
   センリョウが咲いていた
   ラミーカミキリがいた
 8 群青のハムシがアジサイにいた
   オレンジのクモ草むらに巣をはっている
   ニイニイゼミが道路で死んでいた
10 アブラゼミを聞く(境川)
   日暈がいい感じにでていた。環水平アークはいまいち(境川)
11 カマキリ幼虫がツユクサの葉にいた。
   ノコギリクワガタ♂が道路で瀕死だった。
14 ミンミンゼミを聞く(渋谷)
16 オオシオカラトンボがいた(清川村)
   ミヤマアカネが多数羽化していた(清川村)
   ヤマユリが咲いていた(半原越)
   大きなコウガイビルみたいな虫が道路で死んでいた(半原越)
17 タマムシが道路にいた(境川)
   アカボシゴマダラが道路でつぶれていた(境川)
18 田んぼの用水の中に雑草が生えていた(境川)
21 カマキリ幼虫が雨の降るツユクサの茂みに待機している
23 スッポンらしい大きな亀が甲羅干ししている(境川)
   セスジスズメが道路を横切る(境川)
   ヒグラシを聞く(境川)
24 クマゼミを聞く。ゴルフ場方向の林で1頭
   ウスバカミキリが道路で死んでいた(境川)
25 6本脚のジョロウグモがいる
26 7本脚のジョロウグモがいる
27 キイロテントウが交尾していた
   キバラルリクビボソハムシ?がツユクサに多い
28 イボバッタの幼虫がいた
   アブラゼミの羽化殻を発見
30 カブトムシ♀が道路でつぶれていた(清川村)
   ツクツクボウシを聞く(半原越)
   オオタカを見る(半原越)
   翅の切れたミンミンゼミが道路を転がっていた(半原越)
   ヒグラシが道路でつぶれていた(半原越)
   ヒオウギが咲いていた(半原越)
31 タニウツギが数枚だけ咲いていた(境川)
   積乱雲を見る(境川)
   ヌマガエル(ツチガエル?)の若い個体が雨上がりの路面に多い(境川)
   トンネルで見つけた陰気系
空白
空白 空白

 2 ジョロウグモが巣の修復をしていた
   キチョウが来る
   チヂミザサが咲きはじめている
 4 オンブバッタ幼虫が脱皮していた
 5 ショウリョウバッタ♂がいた
 6 オオカワジシャを再発見(境川)
   リシアがあった(境川)
   水中蘚苔類?があった(境川)
 7 リシアは宮久保橋下流の堰堤にもあった(境川)
 8 アブラゼミが3頭ジューンベリーに来ていた
   センリョウの実ができはじめる
   ホトトギスが咲いた
10 ツマグロヒョウモンが産卵に来ていた
   コフキコガネが道路にころがっていた
11 コマツナギが咲いている(境川)
   ナナホシテントウが出歩く(境川)
12 カネタタキを聞く(渋谷)
13 トサカフトメイガのコロニーが作られていた(境川)
   大きめのコメツキムシが道路を歩く(境川)
   ジュズダマが咲いている(境川)
14 オオカワヂシャが咲いていた(境川鷺舞橋の湧水)
   エンマコオロギを聞く(境川)
15 カネタタキが盛んに鳴く
17 イチモンジセセリが毎朝見られるようになっている
   ジョロウグモが獲物をゲットした
   ムカゴがヤマノイモにできている
   アオマツムシが鳴きはじめる
21 カマキリ成虫が現れる(境川)
   環水平アークが出る(境川)
   イラガの繭?が多数ついていた(境川セブンイレブン裏のレッドロビン)
22 房総半島に台風が上陸。台風一過の夕雲。
23 ヒメムカシヨモギが咲いている(境川新道大橋)
   境川全域でクマゼミを聞く
   エンマコオロギが鳴く(緑野コミセン)
24 ヤマノイモの花が咲きはじめる
31 ウバタマムシが道路でつぶれていた(境川)
   セスジスズメの幼虫がたくさん出歩く(境川)
   スズメの若鳥が2頭至近距離で死んでいた(境川)
   ジョロウグモにオスが寄るようになってきた
空白
空白 空白

 1 ヒメアシボソ?が咲いている
   オンブバッタの成虫が現れる
 2 カメムシの幼虫がミズヒキの花に口吻を刺していた
 3 カマキリ成虫が網戸にやってきた
 5 見慣れぬ物体が田んぼ水槽に多数沈んでいる
 9 コナギが田んぼ水槽で咲いた
   多数の毛虫がジューンベリーにたかっている
   ルリタテハの幼虫がホトトギスにいた
   7本脚のジョロウグモ♀を見つけた
10 ヒガンバナが咲いていた(境川)
   モズの高鳴きを聞く(境川)
11 ジョロウグモの成虫♀がいた(境川)
   エンマコオロギが鳴く(数年ぶり)
   境川本流にある水中蘚類
   ジューンベリーを食った毛虫の姿が消えた
12 ハラビロカマキリの成虫が道路でつぶれていた
15 手前の7本脚ジョロウグモが8本脚になっていた
17 ヤサガタアシナガグモ?がオニグモの巣?にいた(境川)
   アレチウリが咲いている(境川)
   ヨウシュウヤマゴボウが咲いている(境川)
   ヌルデの新芽が展開(境川)
   アカマンマのつぼみがふくらむ
   ジョロウグモが脱皮した
18 ヒメビロウドコガネがミズヒキにいた
19 堰堤のオオカワヂシャが一つだけ見つかった(境川)
   近接したジョロウグモの巣があった(境川)
24 ギンヤンマが道路に転がっていた(境川)
25 ウラギンシジミ秋型がクズの葉にいた(境川)
   飛行機雲の影が雲に落ちる
   近接したジョロウグモの巣の片方の横糸がなくなる
空白
空白 空白
10
 1 ヒメヤママユが灯火に飛来(清里)
 8 アブラゼミがしきりに鳴く(境川)
10 スズメガの幼虫が3頭見つかる(境川)(1)(2)(3)
13 クロナガアリの活動が盛ん
14 5本脚ジョロウグモが代々木公園にいた(渋谷)
15 小屋わきのジョロウグモには2種の居候がいる模様(境川)
   アブラゼミが鳴く(境川)
16 庭の6本脚にオンブバッタ♀を与える
18 庭の6本脚が横糸張りをしていた
   アカサシガメいた
   ジョロウグモがジョロウグモを食べていた(代々木公園・渋谷)
21 クロコノマチョウがいた(代々木公園・渋谷)
22 クロナガアリが盛んに巣内から土くれを運び出す
23 タンジェントアーク?が出る(境川)
   ヨモギハシロケタマフシ?があった(境川)
   トノサマバッタがかなり路面に出てくる(境川)
24 ヤマガラがエゴノキで種をつついていた(渋谷)
25 ムクゲコノハが転げ回っていた(代々木公園)
26 ウラギンシジミ秋型を見る(渋谷)
   ウスバキトンボが飛ぶ(渋谷・代々木公園)
27 小さなジョロウグモ♀がいた(中央林間)
29 水稲がみのる(境川)
   ミゾソバの花が見頃(境川)
   エビガラスズメが道路を横切る(境川)
   堰堤のオオカワヂシャが順調に生育している(境川)
30 クロナガアリがアカマンマの種を運ぶ
空白
空白 空白
11
 3 いろいろ出てくる秋の虫(境川)
 5 黒い毛虫が道路を渡る(境川)
 9 木枯らし1号
12 オンブバッタ♀褐色型が道路でつぶれていた(境川)
   アマガエルが道路に出てきた(境川)
   クモヘリカメムシがいた
13 コスズメ?が道路を渡る(境川)
   コガネムシ幼虫が道路を渡る(境川)
   モンシロチョウが盛んに飛ぶ(境川)
   ベニシジミが盛んに飛ぶ(境川)
   ヒトリガ?幼虫が道路を渡る
   アブラムシが双葉にいた
15 雪虫が飛ぶ
17 ウラギンシジミがいた(代々木公園)
20 ツチイナゴが道路に飛び出す(半原越)
   ザトウムシがいた(半原越)
   クサギが咲いていた(荻野川)
   ジョウビタキ♂を見る(相模川)
   ギシギシが水中に根を下ろしている(善明川)
21 スミレが咲いている
   ジョロウグモが雨の中で巣の修繕をしている
23 センチコガネが道路に出ていた(半原越)
24 積雪があった11月の初雪
25 初氷を観測
   ジョロウグモが力なくぶら下がっていた
26 マイマイカブリがいた(清川村)
27 オオカワヂシャが芽吹いていた(境川)
   カルガモがしきりに何かをついばんでいる(境川の湧水)
空白
空白 空白
12
 2 ジョロウグモが獲物を捕まえていた
   センリョウがよく熟れている
 3 アオジが2頭来る
   サワガニが道路を横切る(半原越)
 4 ハラビロカマキリが道路に転がっていた(境川)
空白

アクアリウムの記録

2015年の見聞録
2014年の見聞録
2013年の見聞録
2012年の見聞録
2011年の見聞録
2010年の見聞録
2009年の見聞録
2008年の見聞録
2007年の見聞録
2006年の見聞録
2005年の見聞録
2004年の見聞録
2003年の見聞録
2002年の見聞録
2001年の見聞録
2000年の見聞録
1999年の見聞録
1998年の見聞録


アカトンボ
2016年の天地無朋
2015年の天地無朋
2014年の天地無朋
2013年の天地無朋
2012年の天地無朋
2011年の天地無朋
2010年の天地無朋
2009年の天地無朋
2008年の天地無朋
2007年の天地無朋
2006年の天地無朋
2005年の天地無朋
2004年の天地無朋
2003年の天地無朋
2002年の天地無朋