たまたま見聞録
たまたまであう いきものたちの きろく
2019年11月の見聞録
16_雪迎え_
   クモのバルーニングを見る(山梨)
   赤富士を見る(山梨)
14 クロナガアリがチヂミザサを運ぶ
   マンリョウの実が色づきはじめる
13_刺さった茎_
   セイバンモロコシの茎がクロナガアリの巣に刺さっていた
   ジョロウグモ1が行方不明
10_スーパーマクロの工夫_
   クロナガアリがセイバンモロコシを運ぶ
   ヤマノイモの葉が色づいている
   テイショウソウが咲いている(鳶尾山)
   ナキリスゲがもこもこになっている(鳶尾山)
   サラシナショウマがさいている(鳶尾山)
 9 クロナガアリがチヂミザサを運ぶ
   ササガヤの禾がまとめられ捨てられている
 7_キチョウの擬態_
 4_ガガンボ_
 3_ダンゴムシを運ぶ_
   ガガンボが水路のコンクリにいた(境川)
   クロナガアリが寄ってたかってダンゴムシを運ぶ
 2_ササガヤとの格闘_
   種名のわからないキク科の花が咲いている
   アオジが来ている
   ハトが水田に群れていた(境川)
   センチコガネが道路を歩いていた(境川)
2019年10月の見聞録
27_種を集めてくる_
   アカマンマの花はやっぱり撮る
   クロナガアリがゴミを捨てている
   ヒメアカタテハがタンポポに来る(境川)
   セスジスズメが道路を横切る(境川)
   ツクツクボウシを聞く(境川・最高記録)
26_クロナガアリが健在_
   クロナガアリがササガヤを運んでいる
   キマダラカメムシが歩道を歩く(相模川)
   ジョロウグモの巣が新しい(鳶尾山)
   ジョウビタキ♀を見る
22_雨の境川_
   クビキリギスが道路に跳びだしていた(境川)
   カマキリの卵があった(境川)
   トタテグモが道路を歩く(境川)
20 セスジスズメが駐車場の雑草を食べていた(練馬)
19_事件性_
   オオクチバスが3頭湧水にいた(境川)
   モンシロチョウとモンキチョウが群れ飛ぶ(境川)
   コカマキリが路上に多い(境川)
   コクワガタが道路でつぶれていた(境川)
14_台風あとの半原越_
   エビガラズズメが道路を横切る(境川)
13 アブラゼミを聞く(境川)
   赤とんぼが水路にいた(境川)
   コカマキリが水路にいた(境川)
   セイタカアワダチソウが花盛り(境川)
 7 ヒメヤマヤマユがロッジの調理場にいた(清里)
   アサギマダラを見る(清里)
 5_GarminVIRBedit_
2019年9月の見聞録
29 モンクロシャチホコが梢から姿を消す
28_寄生バエ_
   ビロウドハマキが道の駅にいた(清川村)
   寄生バエが蛹になった
26 モンクロシャチホコ幼虫が順調に生育している
23_望遠観察_
   コスズメが道路を歩く(境川)
   セスジスズメが道路を歩く(境川)
   ヒメエグリバが道路を歩く(境川)
   おおきなアオダイショウが道路を横切る(境川)
   ハラビロカマキリ♂が道路に飛びだしてきた(境川)
22_小さいアゲハ_
   アゲハが羽化した
   キマダラカメムシが公園の木にいた(境川)
   モンクロシャチホコ幼虫が順調に成長している
19_昆虫マニア_
   オオスカシバの幼虫が死んでいた(渋谷・宇田川)
16 アカトンボを見る(境川)
15_コイの繁殖_
   コイの若魚らしい魚がいた(境川)
   ツチイナゴがジュズダマにいた(境川)
   ウラナミジャノメが草むらに多い(境川)
14 トビイロスズメ?の幼虫が道路を横切る(半原越)
   ジャコウアゲハの幼虫が道路を出歩く(半原越)
   シマヘビが道路でつぶれて死んでいた(半原越)
11_オトシブミ_
   オニグモっぽいクモが部屋に居座っている
   アシダカグモが部屋をうろつく
 8_積雲_
   ツチイナゴが草むらに多い(境川)
   ナマズが泳ぐ(境川・湧水)
   トリバガがコンビニの窓にいた(境川)
   雄大積雲がよく発達する(境川)
 7_オトシブミが出てくる_
   コウモリの子がベランダで死んでいた
   オオスカシバが来た
   チヂミザサが咲いている
   ヒナタイノコヅチが咲いている
   ショウリョウバッタモドキがいた(荻野川)
   ヒガンバナが咲いていた(荻野川)
   クロアゲハが水場で吸水していた(半原越)
   ウスアカオトシブミが出てきた
 1_オニヤンマの産卵_
   オオミノガが道路の縁石にいた(荻野川)
   ササキリ♀が道路に出てきた(清川村)
   大きなタマムシが道路にいた(清川村)
   オレンジ色の小さなハムシ?が花にいた(半原越)
   イオウイロハシリグモが卵嚢を持って歩いていた(半原越)
   オニヤンマが水場の細流に産卵(半原越)
   ネキトンボが水場にいた(半原越)
   オオミズアオが道路に転がっていた(半原越)
    道路に落ちているコナラのドングリを採集して来た(半原越)
2019年8月の見聞録
31_秋を告げる虫_
   環水平アークが出た
   ウラナミシジミが多い(境川)
   イチモンジセセリが多い(境川)
   ヨツモンカメノコハムシがいた(境川)
27_庭の7本脚_
   ツバメシジミがいた(境川)
   モンキアゲハが花壇の花に来た(境川)
   ムカゴが玄関のヤマノイモにできている
26 遊水地の池をヒシが覆う(境川)
   湧水の雑草はミゾソバが優勢になる(境川)
25 アキアカネがいた(長野県長和町)
   コアカミゴケがそば屋の植木鉢にあった(長野県長和町)
   アサギマダラを見る(長野県長和町)
24_晩夏の半原越_
   カマキリの幼虫がいた
   ホトトギスがこころぼそく咲いている
   マンリョウの実がふくらんでいる
   ミズヒキが咲いている
   若いシマヘビが道路を走る(半原越)
   モモスズメ?の幼虫が道路を横切る(半原越)
   オオミズアオが道ばたで死んでいた(小鮎川)
22 ヒゲコガネが橋の歩道で死んでいた(相模川)
   コカマキリがコンビニの窓にいた(荻野川)
   セスジスズメの幼虫が道路を横断する(荻野川)
   ジョウロウグモ♀にオスがついていた(清川村)
   ジョウロウグモがキチョウを食べていた(清川村)
   タマアジサイが咲いている(半原越)
   ツチグリがあった(半原越)
   ツクツクボウシが道路に転がっていた(半原越)
   黒いベッコウバチがクモを引いている(半原越)
   ショウリョウバッタの成虫がいた(小鮎川)
   ヤマカガシの幼蛇がいた(小鮎川)
   ウグイが用水路に群れていた(小鮎川)
   ヒメギスが道路に跳び出てきた(相模川)
21 コシロカネグモにオスがついていた(境川)
   ジュズダマの種がふくらんでいる(境川)
18_暑苦しい半原越_
   クロアナバチが道路で死んでいた(清川村)
   ムラサキシジミがアリに引かれる(半原越)
   マムシが道路で轢死(半原越)
   スギハラベッコウ?がクモを引く(半原越)
   ミヤマクワガタ♀が道路を歩く(半原越)
17_スミナガシ再び_
   ツユムシが道路でつぶれていた(半原越)
   ウラギンシジミが道路で死んでいた(半原越)
   スミナガシが水場で吸水(半原越)
   ヤマドリ♂が道路を横切る(半原越)
   ヤマカガシが道路に出てきた(半原越)
   イチモンジチョウを見る(半原越)
   アオバトを見る(半原越)
16 アオマツムシがしきりに鳴く
13_兵法の目付といふ事_
   カネタタキが鳴きだした
12_ケセランパサラン_
   糸で2枚合わせに巻かれた葉巻が道路にけっこう落ちている(半原越)
   リンゴドクガの脱皮殻が落ちていた(半原越)
   クロアゲハとカラスアゲハが水場で吸水(半原越)
   オニヤンマが水場を巡回(半原越)
   アケビコノハが道路を歩く(半原越)
11_晩夏_
   エンマコオロギを聞く(相模川)
   マムシが道路でつぶれていた(半原越)
   ウラギンシジミがマムシの死体の体液を吸う(半原越)
   クロスズメバチ?がマムシの死体をかじる(半原越)
   コナラの枝が道路に落ちていた(今季初・半原越)
   ワモンゴキブリが道路でつぶれていた(相武台)
10_焼けるアスファルト_
   カラスアゲハが水場で吸水(半原越)
   ミンミンゼミのカップル道路で暴れていた(半原越)
   オニグルミが真っ二つになって転がっている(半原越)
   アオダイショウの大きいのが道路を這う(半原越)
 9_心は遺伝するのか_
   クマゼミが朝単独で鳴く
 8_アオカナブンを拾う_
   アオカナブンが歩道に落ちていた(渋谷・宇田川)
 7 コオロギが鳴く
 6_モモスズメを拾う_
   モモスズメが歩道で死んでいた(渋谷・宇田川)
 4_一歩前進オニヤンマ_
   クロアゲハが歩道で死んでいる(清川村)
   ミヤマアカネが道路で死んでいた(清川村)
   ミヤマカミキリ?が道路でぺしゃんこ(清川村)
   ヘビトンボが道路で死んでいた(清川村)
   ハサミの大きなサワガニが水辺を歩く(半原越)
   ヨツボシモンシデムシが道路で死んでいた(半原越)
   オオゾウムシシが道路を横切る(半原越)
   ツノトンボが道路脇で死んでいる(半原越)
   ウグイ?が小さな群れで泳ぐ(小鮎川)
   ノカンゾウの群落がある(小鮎川)
 3_失敗したオニヤンマ_
   ショウリョウバッタ♀成虫が橋の歩道でつぶれている(相模川・座架依橋)
   ショウリョウバッタ♀幼虫がいた(荻野川)
   ノカンゾウがたくさん咲いている(荻野川)
   オニヤンマが水汲み場にいた(半原越)
   ヒグラシが道路に落ちている(半原越)
   ウラギンシジミが道路に落ちた何かを食べていた(半原越)
   アオオサムシがミミズをくわえて道路を走る(半原越)
   ツクツクボウシを聞く(半原越)
 2_甲虫を拾う_
   コフキコガネとシロテンハナムグリの死体を拾う(渋谷・宇田川)
2019年7月の見聞録
28_暑い半原越_
   ウスバキトンボが歩道で死んでいた(相模川)
   幼いツバメが道路で死んでいた(清川村)
   ヒメウラナミジャノメが道路で虫の息(清川村)
   ニホントカゲが日なたぼっこ(半原越)
   ホトトギスが頻りに鳴く(半原越)
   ジャコウアゲハの幼虫が道路を移動(半原越)
   ザトウムシが道ばたに多い(半原越)
   ミヤマアカネが田に多い(荻野川)
   イヌゴマが咲いている(荻野川)
   オオヒラタシデムシが水稲の葉に登っていた(荻野川)
27_ジョロウグモがいなくなる_
   キシノウエノトタテグモが道路を横切る(境川)
   シロテンハナムグリが道路を横切る(境川)
   タマムシが粉々(境川)
   ヨツスジトラカミキリ?がいた(境川)
   コミスジが道路で死んでいた(境川)
   オニユリが夏草の中で目立っている(境川)
   ヒグラシを聞く
22 クマゼミを聞く(渋谷・代々木公園)
21 ミヤマアカネを見る(荻野川)
   アブラゼミを聞く(荻野川)
   モンキアゲハを見る(荻野川)
   シマヘビを見る(荻野川)
20_麗しの半原越_
   マムシグサが種をまいている(半原越)
   ジムグリが道路を横切る(半原越)
   ヤマユリが咲いている(小鮎川)
   ゴマダラチョウが道ばたにとまっていた(相模川)
   ミンミンゼミを聞く(荻野川)
15_梅雨の半原越_
   カブトムシが歩道に転がっている(相模川)
   ノコギリクワガタが道路を歩く(中津川)
   マイマイガが道路を転がる(清川村)
   カラスアゲハが道路でつぶれている(清川村)
   ホトトギスが鳴く(半原越)
   サンコウチョウを聞く(半原越)
14_出嚢後_
   カマキリ幼虫が玄関にいた
   アオバハゴロモ幼虫?が降ってきた(境川)
   キマワリが道路を歩く(境川)
   コシロカネグモが水路に巣を張っている(境川)
13_ジョロウグモの脱皮_
   鷺舞橋の7本脚ジョロウグモが脱皮してた(境川)
   キマワリがつぶれた(境川)
   トカゲが物欲しそうに歩いていた(境川)
   アシダカグモ出嚢後の卵嚢を開いてみた
 8 カナブンの死んだのを拾う(渋谷・宇田川)
 6_期待できるジョロウグモ_
   ヒトツメオオシロヒメシャクがいた(境川)
   アブラムシがびっしりシロダモにつく(境川)
   ナシケンモン?が道路を歩く(境川)
   ヤブキリ♀が道路を横切る(境川)
   ヤマノイモのツルがぐんぐん伸びてきている
2019年6月の見聞録
30_ゴマダラカミキリタイプ_
   アサザが咲いていた(多摩川・久地)
   ニイニイゼミを聞く(青葉台)
29_老眼用アイウエア_
   タケニグサが咲いていた(境川)
   7本脚のジョロウグモが鷺舞橋にいる(境川)
   アカスジツチバチ♀が道路を歩く(境川)
   クズが咲きはじめている(境川)
   大きめのカマキリ幼虫がいた(境川)
   バンの親子がいた(境川)
   クビキリギスが死んでいた(境川)
27 アシダカグモ?の子が出嚢していた
23 トノサマバッタがいた(境川)
   ゴマダラカミキリがやたらと目についた(境川)
   カンゾウが一輪だけ咲いていた(境川)
   コガネムシが路上交尾(境川)
22 ヒメクロオトシブミ?がアジサイを歩いていた
   ホタルガがいる
   ウメエダシャクがいる
   おそらく3齢のジョロウグモがいた
   トラカミキリがいた
   ヒラタアブがいた
   ハラビロカマキリがいた
17 環水平アークが出る(渋谷)
16 大型のアカミミガメが道路に出てきた(境川)
   鷺舞橋の林をコシアキトンボとウスバキトンボが群れ飛ぶ
   ウラナミアカシジミがいた(境川)
15 ヒダリマキマイマイが道路に出ていた(境川)
   キリギリスを聞く(境川)
 9 ナツツバキが咲く
   ジョロウグモを撮りなおした(境川)
   ヒトリガの毛虫が道路を横切る(境川)
   頭部のないヤブキリ♀の死体が道路に転がっていた(境川)
   ミズイロオナガシジミが道路にとまっていた(境川)
   境川にあるときめきの水路
 8 ヤブキリ♀が道路で虫の息(境川)
   カギアバアオシャクが道路に落ちていた(境川)
   モンシロチョウが交尾していた(境川)
   ゴマダラカミキリが現れた(境川)
   ツチイナゴが道路にいた(境川)
   ジョロウグモが巣を張っている(境川)
   ヤマカガシが道路を横切る(境川)
 3 環水平アークがうっすら出た(渋谷)
 1 ハラビロトンボ?が道路にとまっていた(境川)
   コガネムシが道路でつぶれていた(境川)
   湧水のオオカワヂシャが倒れている(境川)
2019年5月の見聞録
27 エナガが来る
   ムクドリがジューンベリーの実を食べる
25 カワトンボが多い(半原越)
   ジンガサハムシがいた(半原越)
   ホトトギスを聞く(半原越)
   ウスバキトンボを見る(相模川)
23 ヒヨドリがジューンベリーの実を食べる
19 ツツドリを聞く(榛名山)
18 水稲の芽が水面から出る
   ムラサキカタバミが咲いている
   カラスノエンドウの種が黒く熟す
   ドクダミが咲いた
15 ユキノシタが咲いている
   カマキリの卵がザクロの枝にあった
14 コナギが田んぼ水槽で咲いた
12 クサフジが咲き誇る(境川)
   ノバラの花が最盛期(境川)
11 ウスバシロチョウが多い(半原越)
   オサムシが道路を歩く(半原越)
   オトシブミが道路に落ちている(半原越)
   クマノミズキが満開(半原越)
   タニウツギが咲きはじめる(半原越)
   ツマキチョウ♀を見る(半原越)
   モンキアゲハを見る(座間)
   夜間にクビキリギスが鳴く
 6 ウスバキトンボを2度見る(霞ヶ浦)
 5 クサイチゴのできがすこぶる悪い
   カナヘビが2頭いた
   ハリカメムシが壁にいた
 4 アリジゴクの大きなのが道路を歩いていた(半原越)
 3 コチャバネセセリが水飲み場で吸水していた(境川)
 2 コアオハナムグリがノバラの花粉を食べる(境川)
   カワウが食われていた(境川)
   コガネムシ幼虫が道路を横切る(境川)
   クスダマツメクサが咲いている(境川)
   ジャコウアゲハが飛ぶ(境川)
   アオスジアゲハがオオカワヂシャに来ていた(境川・湧水)
 1 ヒメエグリバが道路を横切る
   コシロカネグモの幼体が現れた(境川)
2019年4月の見聞録
29 白いカラスノエンドウが咲いている
   ヘビイチゴの実がふくらみはじめている
   ヤエムグラの実がふくらみはじめている
   ハルジオンが咲いている
   タチイヌノフグリが咲いている
   シマサシガメ幼虫がいた
   ミズキ咲いている(境川)
   アライグマの子がいた(境川)
28 ノバラが咲いていた(相模川)
   トラフシジミがつぶれていた(荻野川)
   コアオハナムグリがハルジオンに来ていた(荻野川)
   環水平アークが出た(清川村)
   ウスバシロチョウを見る(半原越)
   ハンミョウを見る(半原越)
27 アヤモクメキリガがいた(境川)
   クレソンも満開(境川・湧水)
21 緑のハムシがいた(半原越)
   シュレーゲルアオガエルを聞く(荻野川)
   クマバチが盛んに飛び交う
   クロアゲハを見る
20 イモムシがスギナにいた
   ハハコグサが咲いている
   カラスノエンドウが咲いている
   白いツツジが咲いた
   ヤエムグラが咲いている
   モッコウバラが咲いている
   ヤマガラが巣箱で営巣している(半原越)
14 巨大なスイバがあった(境川)
   アオダイショウが道路を横切る(境川)
13 イワツバメが舞い飛ぶ(境川)
   ツチハンミョウを見る(半原越)
   ヤマザクラが満開(半原越)
   モッコウバラが咲く
 7 ミゾソバが芽吹いている(境川・湧水)
   ヤマガタアツバ?がいた
   アケビが咲いている
 6 スミレが咲いている
   ムラサキケマンが咲いている
   サクラマスを見る(中津川)
   ムラサキシジミを見る(荻野川)
   カジカガエルを聞く(清川村)
   ミヤマセセリを見る(半原越)
   タチツボスミレが咲いている(半原越)
   マムシグサが咲いている(半原越)
   何者かの糞が道路に落ちていた(半原越)
   レンゲが咲いていた(相模川)
 5 シジュウカラが巣作りにいそしむ
 3 クサイチゴが咲いている
 1 ジューンベリー開花
2019年3月の見聞録
31 ベニシジミを撮ってみた(境川)
   キアゲハを見る(境川)
   カナヘビがいた(境川)
30 コガタルリハムシがギシギシに多い(境川)
   スズメノエンドウが咲いている(境川)
   ヘラオオバコが咲いている(境川)
   オオカワヂシャが咲いている(境川湧水)
   気になる蛹?がギシギシについている(境川湧水)
   ツグミを見る(境川)
   アゲハを見る(境川)
24 モンシロチョウがたくさん飛び交う(境川)
   ハムシがタンポポの花に多い(境川)
   オオカワヂシャの繁茂が著しい(境川の湧水)
   カラスノエンドウが咲いている(境川)
   アブラムシがカラスノエンドウにびっしりたかっていている(境川)
   キタテハが道路でつぶれている(境川)
   ムラサキケマンが咲いている(境川)
   堰堤のオオカワヂシャが消失している(境川・宮久保橋)
   ツバメが飛び交う(境川)
   クビキリギスを聞く(境川)
15 ベニスズメが羽化していた(1月12日に境川で拾った蛹)
 9 モンキチョウが飛ぶ(荻野川)
   テングチョウが飛び交う(半原越)
   ハコベが咲いている
   ヒメオドリコソウが咲いている
   タネツケバナが咲いている
 2 ゴミムシが道路を歩く(境川)
2019年2月の見聞録
24 モンキチョウが飛ぶ(境川)
23 ウグイスがホーホケキョと鳴く(境川)
18 近所のしだれ梅が開花
17 ヒラタアブがオオイヌノフグリに来ていた(境川)
   クモの卵嚢みたいなものがフェンスについている(境川)
   ミモザが咲きはじめている(境川)
16 ナナホシテントウの活動盛ん(境川)
10 飛行機雲が筋状になっていた
 9 積雪
 4 カマドウマを久々に確認
 2 ナナホシテントウが何頭も道路に出てくる(境川)
   マガモが何かをしきりについばんでいた(境川湧水)
2019年1月の見聞録
26 ヌマガエルが路上で死んでいた(境川)
   カワウが行儀良く並んでいる(境川)
   が咲きはじめる(境川)
20 ジョウビタキをけっこう見る(相模川)
16 アオジが庭の水稲に寄る
15 シジュウカラがツピーツピーとさえずる(渋谷)
12 キジバトの夫婦が水稲の種を食っている
   オオバンが群れている(境川)
   カワセミが湧水の魚を狙っている(境川)
   タシギが湧水のオオカワヂシャにいた(境川)
   アオサギが水たまりの魚を狙っている(境川)
   ヌマガエルが道路で死んでいる(境川)
   スズメガの蛹が道路に転がっていた(境川)
10 高積雲に穴があいている
 5 クロナガアリがタンポポの種を運んでいる(境川)
   ツチイナゴが道路でつぶれている(境川)
 3 宮久保橋堰堤のオオカワヂシャがやたらと成長している(境川)
   湧水のオオカワヂシャが青々と成長している(境川)
 2 飛行機雲がきれいに波打っていた
   ジョロウグモがいた(境川)
 1 クロナガアリがセイバンモロコシを運ぶ
カタバミ  テトラ  ナゾノクサ
たまたま見聞録 →
回り込み

目
見聞日記 天地無朋


多摩川の謎の草

ハムシ
去年までの見聞録


心は遺伝するのか
コウモリの誕生
カッコウの誕生
共生と進化
鳥の誕生
蛾と蝶
チョウの越冬
セミはなぜ鳴く
アリの誕生
変態の謎
虫が電灯に来るわけ
クロアナバチの無駄な穴掘り
卵子の記憶
ヘビとカエル
ツマグロヒョウモン
ハナグモの擬態
不安の誕生
ジョロウグモの巣のゴミ
画餅
悪とはなんであるか
ナスカの地上絵
ファーブルの夜盗蛾
アレチウリ
エクセルでモンシロチョウ


壺神山 IoT ride
30km/h巡航
夜昼峠サイクリング
高野地サイクリング
古谷(こや)
古藪サイクリング1
古藪サイクリング2
古藪サイクリング3
半原越(はんばらごえ)
金山サイクリング
佐田岬サイクリング
鞍掛山一周サイクリング



アクアリウムの記録




2018年の見聞録
2017年の見聞録
2016年の見聞録
2015年の見聞録
2014年の見聞録
2013年の見聞録
2012年の見聞録
2011年の見聞録
2010年の見聞録
2009年の見聞録
2008年の見聞録
2007年の見聞録
2006年の見聞録
2005年の見聞録
2004年の見聞録
2003年の見聞録
2002年の見聞録
2001年の見聞録
2000年の見聞録
1999年の見聞録
1998年の見聞録