川岸のオニナルコスゲ
オニナルコスゲ
その33 夏バテ

オニナルコスゲは花をつけている。その32のときには花の長さと葉の長さが同じぐらいで、葉の緑も濃かった。今回は花の方が長く延び、葉は色あせて小さくなっている。まるで夏バテしているようだ。オニナルコスゲの地上部は夏に枯れるのだろうか。去年までは周辺の青草にまぎれて気づかなかった。

堰堤ではじめて謎の草を見たときは6月だった。夏枯れするということは、オニナルコスゲは謎の草ではないのだろうか。なんだかとんでもない間違いをしている感じだ。

99.5.30

    ←前       →次    



目次をみる