状況を想像した図
その6 正体を知りたい

堰堤は終日にわたって水が滝のように流れ落ち奥が見えない。そこで私はいろいろ想像を巡らして上のような想像図を書いてみた。ただ、草が根を下ろしているところの状況などが今一つつかめない。

それにしても、いつも水に濡れ土もないような過酷な環境で一年近くも成長を続けることができる草は何なのだろう。どうしてもその正体を知りたくなった。採集するのが手っ取り早いのだが、堰堤は立入禁止区域である。そのうえに水の勢いも強く、滝の落ち込みは深そうだ。しかも、季節はまだ春、水はまだまだ冷たいのだ。それでもとうていあきらめきれないので、東京都水道局長と建設省多摩川工事事務所長あてに堰堤への立ち入りと植物の採集許可申請書を作成した。

98.3.3

    ←前       →次    



目次をみる