宮久保橋付近の堰堤
堰堤
その58 台風でリセット

房総半島に上陸した台風9号は境川流域にもけっこうな雨を降らせた。高鎌橋の最高水位は22日12時30分の379cmだった。翌日にオオカワヂシャの様子を見にいけば、ことごとく消失していた。鷺舞橋の湧水のところにはない。写真の堰堤にもない。オオカワヂシャばかりか、水中蘚類も大半が流れてしまったようである。
さすがに氾濫ぎりぎりの水位ともなれば、水底の砂礫が激しく撹拌される。境川をのぞき込めば全部の石が新しくなっているみたいだ。川底に根を張っている抽水植物はしぶとく残っているものの、コンクリ壁に貼りついているだけのコケとコケを足がかりにしているオオカワヂシャは耐えられまい。
ひとまず私の観察がリセットされた。

2016.8.23

    ←前       →次    



目次をみる