多摩川を渡る東横線と取水施設
その3 出会いは95年の夏

その草を発見したのは1995年のことだった。その年の夏から仕事の都合で川崎の上丸子に引っ越してきた。そして東横線を使って新丸子から渋谷まで通うことになった。新丸子を出た電車はすぐに多摩川の鉄橋を渡る。そのときに上流を見ると東京都水道局の取水施設を見ることができる。詳しいことは調べてないが、多摩川に堰堤をもうけて水を集め工業用や上水道用に利用しているのだろう。

川に堰堤は珍しいものではない。夏には「こういう堰堤があると魚が登りにくいだろうな。わきに魚道はあるが狭くてやだろうな。」などとぼんやり眺めていた。

98.2.20

    ←前       →次    



目次をみる